Set up the USB Wi-fi ELECOM WDC-150SU2MBK on Ubuntu 18.04 for LAN

AML-S905X-CC(Le Potato)の USB ポートに USB Wi-fi ドングル(dongle) ELECOM WDC-150SU2MBK を挿して

Ubuntu 18.04 にて Wi-fi LAN 設定を行った。

当初、USB Wi-fi のチップを調べてドライバーをダウンロードして make install するものと勘違いしていた。

ま~エラーの連発だし情報が錯そうしているしで・・・

実は、多く流通しているものであれば Armbian (Ubuntu) で対応されています。

よく調べないで始めてハマりました。( ノД`)シクシク…

確認したら単純に USB Wi-fi は、Ubuntu にて認識されていたので LAN 設定の手順のみとなります。

USB Wi-fi dongle の確認

Ubuntu にて USB Wi-fi dongle が認識されているか確認する。

$ lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 004: ID 056e:4008 Elecom Co., Ltd
Bus 001 Device 002: ID 05e3:0610 Genesys Logic, Inc. 4-port hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

この場合、ELECOM WDC-150SU2MBK が USB ポートの Bus 001 Device 004 として認識されています。

lsusb で表示されない場合は、USB Wi-fi dongle が認識されていません。

認識されていない場合、WifiDocs/WirelessCardsSupported などを参考にしてください。

Ndiswrapper というモジュールで Windows ドライバーを認識させる方法もあるようです。※試してません。

kablosuz-wireless なども参考になるかと思われます。

lsusb コマンドが見つからない場合、

$ lsusb

-bash: lsusb: command not found

$ sudo apt install usbutils

$ lsusb

Bus 008 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 002: ID 0bda:8179 Realtek Semiconductor Corp. RTL8188EUS 802.11n Wireless Network Adapter
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 009 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

無線 LAN インタフェースの状態の確認

$ sudo apt install wireless-tools
$ iwconfig
wlx04ab18f74ff2  unassociated  Nickname:"<WIFI@REALTEK>"
~

表示された wlx04ab18f74ff2 がデバイス名です。

無線 LAN の設定

Ubuntu 18.04 でのネットワーク設定は、netplan になっています。

NetworkManager をインストールしておきます。

$ sudo apt install network-manager

Netplan の設定

構成ファイル名は、なんでもよいのだと思います。例:config.yaml、01-netcfg.yaml

念のため、先達の例に従って /etc/netplan/50-cloud-init.yaml というファイル名で作成します。

Netplan のリファレンス:https://netplan.io/reference/

$ sudo vi /etc/netplan/50-cloud-init.yaml
network:
     wifis:
       wlx04ab18f74ff2:
            addresses: []
            dhcp4: true
            optional: true
            access-points:
              sample_ssid_1:
                password: "password"
     version: 2
     renderer: NetworkManager

インデントに注意してください。

各自、先ほど調べたのデバイス名で設定します。

access-points の SSID名やパスワードは、適宜、変更してください。

Netplan への反映

$ sudo netplan apply

ifconfig や ip ad にて確認

$ ifconfig
~
wlx04ab18f74ff2: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.1.33  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
        inet6 2405:6580:8bc0:1900:6ab:18ff:fef7:4ff2  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
        inet6 fe80::6ab:18ff:fef7:4ff2  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        inet6 2405:6580:8bc0:1900:3dac:8df8:ee9a:80  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
        ether 04:ab:18:f7:4f:f2  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 15812  bytes 2367639 (2.3 MB)
        RX errors 0  dropped 112  overruns 0  frame 0
        TX packets 2262  bytes 252590 (252.5 KB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

ip アドレスが割り振られているので完了です。

Was this helpful?

0 / 0

コメントを残す 0

Your email address will not be published.