Surface Pro を交換する

保証を受けた経緯

私事ですが、Surface Pro 6 を2年ほど前に購入しました。
購入直後、諸事情で椅子から落としてしまい、電源のところに凹みが…
まぁ凹んだだけで使用には支障がありませんでしたので、そのまま使い続けておりました。

初期不良を引いてしまったお話などもよくお聞きしますが、当方はそのようなこともなく、快適に使わせていただきました。
そのまま2年間使用しておりましたが、Microsoft Complete for Surface Pro (偶発的な損傷に対する保証付き) ¥13,320 ※ に加入しておりましたため、せっかくなので保証を使用してみることにしました。

※ 本体と同時加入での、購入当時の価格となります。
  価格は変動となる場合があります。

いざ修理に出そうとしましたところ、流石は Microsoft、必要な情報が見つからず、諸々調べることとなりました。

Microsoft Complete とは

Microsoft Complete は、最長 2 ~ 3 年間の不慮の損傷に対する補償、さらにテクニカルサポートを提供しています。

  • Surface Pro
  • Laptop Go
  • Surface Laptop
  • Surface Go
  • Surface Book
  • Surface Studio

と、それぞれの Microsoft Complete が用意されています。(保証年数により価格は変動します)

保証範囲

  • お使いの Surface デバイスおよび付属の電源ユニット
  • 落下や水漏れ、画面のひび割れなど、不慮の損傷 – 申請は 2 回まで (控除免責金額を適用)
  • ハードウェアの欠陥や故障に対する製造元保証期間の終了後、さらに保証期間が 1 年間追加され、最長で 2 年間保証を提供

Microsoft Complete 控除免責金額

それぞれのデバイスによって異なりますが、Surface Pro の場合、日本円で 5,400 円 の控除免責金額でした。
5,400 円 で新しいデバイスに交換することになります。

Microsoft Complete は入ったほうがよいのか

使い捨て感覚で使用される方であれば不要かと思いますが、しっかりとしたスペックで購入し、長い間使いたい! という方は、加入したほうが良いのではと感じました。
当方は最強スペックで購入してしまいましたので、おいそれと買い替える予定はありませんでした。
そもそもが、スマホにしても買い替えは少ないほうで、使い倒す派です。
そのため、保証に入ることを選択しました。

保証に入られた場合、必ず Microsoft アカウント にて デバイスを登録しておいてください。
本体のシリアル番号が必須となります。

修理に出す

Microsoft Complete に加入された場合、保証期限は忘れないように注意してください。
自分の場合は、購入日+ 2 年後( – 数日)のアラートをかけました。
よほどのことがないと忘れてしまいそうです。

保証注文を申込む

Microsoft で注文する

https://account.microsoft.com/devices/#

カテゴリ: Device
問題の種類: 物理的破損
問題について、詳しく説明してください: 状態を記載

その他、画面に沿って注文を進めてください。

注文後、デバイスは 30日以内 にマイクロソフトサービスセンターへ送付します。
宅急便の配送遅れなどが生じる場合もありますので、余裕を持った発送が安心です。

デバイスを初期化

Microsoft から届く注文確認メールに、今後の手順が記載されています。
詳細はメールに記載されている URL よりご確認ください。
ポイントのみ記載します。

データのバックアップ

返却するデバイスは交換されるため、元のデバイスを受け取ることはできません。
重要なデータは必ずバックアップしてください。

データの消去

デバイスを返却する前に、デバイス内のデータを手動で消去 することをお勧めいたします。

デバイスの初期化

電源が入り、問題なく処理できる場合は、デバイス本体の初期化 をお勧めいたします。

デバイスを送付

注文から30 日以内に送付しない場合、注文自体が取消となります。

郵便局へ集荷依頼でも、郵便局持ち込みでも、コンビニエンスストアからの発送でも問題ありませんが、必ず「着払い伝票」で発送してください。
スマートフォンの「スマホ割」アプリなどで伝票を作成すると、着払い伝票とならず、発払い伝票となりますのでご注意ください。

Surface 修理交換 送付先

ここが重要です。
Microsoft で修理交換の注文をした後、手順や送付先が記載されたメールは届くのですが、電話番号がありません。
ここは日本ですから、宅急便送付時、相手先の電話番号が必須です。

宛先
〒143-0001
東京都大田区東海 1-3-6
プロロジスパーク東京大田 3F‑S5

カンタムソリューションズ(株) 気付
マイクロソフトサービスセンター 様

電話番号
0120-54-2244

品目
注文番号

これで届きます。

送付時は以下の点に注意してください。

  • 品目に 注文番号 を書いてください。
  • ゆうパック 着払い のみとなります。
  • 自身が用意した箱で送付します。廃棄してもいい箱を使用してください。
  • ビニール袋、クッション材(プチプチや新聞紙)などを使用し、デバイスを保護してください。

デバイス送付後

  • Office を購入されていた場合、インストールされて戻ってきます。
  • 送った修理品が届くと、検品して、それから5営業日(7 ~ 9 日)ぐらいで、交換品が返ってくるということです。
  • 交換後、90 日間は保証がつきます。
  • 再度 Microsoft Complete の保証をつけることはできません。

余談(返送後、翌々日に届きました)

あまりの早さに驚きました!

デバイスを マイクロソフトサービスセンター へ発送
6月15日 午前中

デバイスが マイクロソフトサービスセンター へ到着
6月16日 12時32分

デバイスを マイクロソフトサービスセンター から発送
6月16日 14時32分

交換デバイスが 当方の元へ到着
6月17日 午前中

…え、おかしくない?
2週間くらいは覚悟していたのですが、なんと発送した翌々日に届きました…
おかげさまで、午後のミーティングで使用することができました。

Microsoft さん、いろいろと悪名も高いですから、噂話もよく耳にします。
特に、交換などは問題があるという話をよく聞きますので、正直期待はしていなかった!

おそらく最短かと思われます。
必ずしもこうとは限りませんが、このようなパターンもあるということで、ご報告させていただきました。

到着後、すぐにセットアップし、動作を確認します。
不良品が届く場合もありますので、必ずひと通りのチェックを行ってください。
特に Surface の場合、タッチデバイスの感度も重要です。
念のため、自分のスペックと同じものか、チェックをしたほうが安全ですね。

余談(交換デバイスとは)

原則的に Sueface は分解修理がむずかしいデバイスのため、ほとんどが交換となります。
交換品はリファービッシュ(再生品)となることが多いです。
展示されていたものや、何らかの理由で返品されたもので、正常と判断されたものが、交換用としてストックされており、そちらが返送されます。
初期不良の交換である場合も、再生品が届くことがあります。

自分のもとに届いたデバイスをひと通りチェックしましたが、汚れや傷も全くなく、大変きれいな状態でした。

結論

保証を使うかどうかですが、交換品が再生品である可能性もあることを考慮したうえで、それでも交換したほうが良いかどうか、というところが判断基準でしょうか。
自分の場合、2 年間仕事中心で使用し、時には Photoshop をフル稼働し(最高スペックだから耐えられるレベル)、また時には動画を見たりなどもしてましたので、そこそこの利用はしていたかと思います。
バッテリーもそれなりに劣化していたかと思います。

今後はとにかく使用してみて、90 日以内に不良がないか、確認することでしょうか。

マイクロソフトサービスセンターの電話番号を記載するだけのはずが、長文となってしまいました。
これから交換される方の参考になれば幸いです。

Was this helpful?

4 / 0

コメントを残す 0

Your email address will not be published.